オメガ3脂肪酸とは?筋トレやボディメイクへの嬉しい効果

オメガ3脂肪酸とは?筋トレやボディメイクへの嬉しい効果

一般的に脂質は体を動かすエネルギーとなる栄養素です。

しかし中には、生理的な機能を調節するはたらきを持つものもあり、オメガ3脂肪酸もその1つです。
ここでは、オメガ3脂肪酸とボディメイクの関わりについて解説していきます。

オメガ3脂肪酸とは?

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

脂質を構成する脂肪酸は、分子の形がまっすぐな(二重結合がない、炭素が水素で飽和された)さ飽和脂肪酸と、折れ曲がった(二重結合を持つ)不飽和脂肪酸に分けられます。

飽和脂肪酸は主にエネルギー源として消費・貯蔵される一方、不飽和脂肪酸は体内で代謝を受けて、生理的なはたらきを持つ物質(エイコサノイドなど)に変換されることで、体の中のさまざまな機能を調節します。

また、飽和脂肪酸と同じようにエネルギー源にもなります。

この不飽和脂肪酸に含まれるのがオメガ系脂肪酸で、折れ曲がる位置(二重結合の位置)やその数によって、オメガ3、オメガ6、オメガ9の3つに分けられます。

オメガ9脂肪酸にはオレイン酸などがあり、オリーブ油や菜種油などに多く含まれる他、体内でも合成されます。

一方、オメガ3、オメガ6脂肪酸は体内で合成できず、外部からの摂取を必要とすることから、必須脂肪酸と呼ばれます。

代表的なオメガ6脂肪酸にはリノール酸などがあり、動物の肉や穀物、植物の種などに含まれています。

代表的なオメガ3脂肪酸には、サケやマグロなどの魚の油に含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)、キャノーラ油やアマニ油、緑色野菜、クルミなどに含まれるαリノレン酸(ALA)などがあります。

ALAは体内で代謝されてEPAになり、EPAがさらに代謝されるとDHAになります。

オメガ3脂肪酸のはたらき

オメガ3脂肪酸の効果

オメガ3脂肪酸は体内で代謝されると、エイコサノイドと呼ばれる生理活性物質になります。

エイコサノイドはアラキドン酸と呼ばれる不飽和脂肪酸を骨格とする脂肪酸で、プロスタグランジンやロイコトリエン、トロンボキサンなどがあります。アラキドン酸は細胞膜の脂質から分離する他、オメガ6脂肪酸のリノール酸からも作られます。

オメガ3脂肪酸から作られるエイコサノイドには、炎症や血液が固まる(血液凝固)のを抑制するはたらきがあります。

オメガ6脂肪酸もエイコサノイドになりますが、炎症や血液凝固を促進するはたらきを持ち、オメガ3脂肪酸由来のエイコサノイドとは異なる種類のものになります。

オメガ3脂肪酸には、血液凝固抑制作用による血行促進や、炎症抑制作用による腸管アレルギー抑制、血管拡張作用による血圧低下、その他にも不整脈の予防、血中の中性脂肪低下などのはたらきがあり、突然死や生活習慣病の予防に効果的な栄養素であると言われています。

オメガ3脂肪酸の筋トレやボディメイクへの効果

オメガ3脂肪酸筋トレへの効果

オメガ3脂肪酸は健康面だけでなく、筋トレやボディメイクにおいても有益なはたらきを持ちます。

▶筋力・筋機能の向上

これまで行われてきた動物や細胞を使った実験では、オメガ3脂肪酸が、運動や筋肉(骨格筋)の代謝に影響を及ぼすことが確認されています。

オメガ3脂肪酸は筋肉のタンパク質合成を促進するはたらきを持ち、筋肉量の増加にも有効です。

▶疲労回復の促進

炎症作用や抗侵害効果(痛みを遮断する働き)を体内で発揮でき、これらの働きは筋肉の疲労回復を促し筋肉発達に大きく影響します。

▶体脂肪・減量の促進

インスリンの感受性が高められるためインスリンが過剰に分泌されず、そのため体脂肪の貯蔵が抑えられたり脂肪燃焼を促すことに繋がります。

▶関節の保護

オメガ3脂肪酸の炎症抑制作用により関節の炎症が抑えられ、運動の負荷から関節を保護するはたらきもあると言われています。

オメガ3脂肪酸は効果的な筋肉トレーニングだけでなく、トレーニングによるけがを防ぐような効果もあるようです。

まとめ

オメガ3脂肪酸まとめ

脂質には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があり、不飽和脂肪酸はオメガ3、オメガ6、オメガ9脂肪酸の3つに分類されます。

オメガ9脂肪酸が体内でも合成できるのに対し、オメガ3、6脂肪酸は体内で作れないため、外部からの摂取を必要とすることから、必須脂肪酸と呼ばれています。

オメガ3脂肪酸は体内で代謝されてエイコサノイドという生理活性物質になり、血行促進や腸アレルギー抑制、突然死・生活習慣病の予防などのはたらきがあります。

また、ボディメイクにおいてもオメガ3脂肪酸は有効な栄養素です。

筋肉の代謝や体の機能を調節するはたらきがあり、筋力増加や疲労回復、減量の促進、関節保護を促す効果が期待できます。

ボディメイクだけでなく健康にも良い栄養素ですので、鍛えていない方でも積極的に摂取することをおすすめします。